2019年04月02日

両親への注意事項をメモる、オレオレ詐欺、玄関の鍵、アニサキス症

会った時に話そうと思ってることをつい忘れてしまうのでメモっておくことにした。

・オレオレ詐欺
・玄関の鍵
・カツオのアニサキス


399720900033d83857472566448012f8_s.jpg

オレオレ詐欺はその通りで、最近はアポ電強盗という恐ろしい事件もあった、だから玄関の鍵はいつもかけておくように、そういう習慣をつけるように念押ししなきゃいけないと思って。

田舎が安全だったのはふた昔前の話で、今は都会とほとんど変わらない。

詮索好きな近所の目はあるにしても実家の玄関は二重になっているから(冬は雪が積もるので玄関の手前にもうひとつ屋根と囲いで覆ったような空間がある)その間空間に入られたら外からは見えない、
何でこんな造りにしたのか気に入らないが今更直すことも出来ないし。。。

しかも、先日宅配便を送ったら再配達を依頼したというので、留守にしていたの?と聞いたら、茶の間で近所の人とお茶飲みしていて気が付かなかったらしい。
いや〜、そんなことあるはずがない。母は多少耳は遠くなってるが、近所の人はまだ若い。
しかも玄関の呼び鈴の音は大きく、茶の間までの距離は3mもない。話に夢中になっていたとしても、鳴らせば聞こえないはずはないのだ。

ということは電池切れ??

こういうの超危険じゃん、呼び鈴を鳴らしたけど反応は無い、だけどドアは鍵がかかっておらず開く。。。。あ〜、心配だ


最後のアニサキスは、今年は多いらしい、特にカツオが。
これから旬だよね。カツオのたたきは、父も母もけっこう好きだ。

私は見たことないけど、同僚は2度見たことがあるらしい。
最初はスーパーの売り場で、二回目は回転寿司で、どっちもネギトロだったそうだ、白いのが動いていたと。

こういうの運だし、怖がっていたら何も食べられなくなるから、今年は多いらしいよ、もし腹痛とかになったら疑って早めに病院へ行くようにして、と注意するつもりだ。

美味しい刺身を目の前にしたら、よく見て食べようとかそんなことは私だって忘れてしまうけどさ、とりあえずは言っておかなきゃね。



アニサキスで思い出したことがある。

f65d91c01b757362676f3c489185ab7d_s.jpg

ずっと前にスーパーで買った鰺を焼いて食べた直後、体がモーレツに痒くなったことがあった。特に毛のある所、頭とかワキとかお股とか、、、、気が狂いそうになるくらい痒くて、掻きむしったけど収まる気配なし。

そこから汗が出るから?(6月頃だった)

何かぬり薬を塗るとかそんな余裕はなく、せっぱつまった状況。

どうしていいかわからず、とにかく汗を流そうとシャワーを浴びた、2度、3度。

そうやって2時間ほどしたらピタリと収まった。

鰺は新鮮で傷んでなかったし、火もよく通した、買ってすぐに焼いたし、それまで魚を食べてこんなことになったことはなかった。

体調も悪くなかった。何も原因が思い当たらず、

でもお腹あたりにできた赤い大きな発疹はたぶん蕁麻疹なんだろうなと腑に落ちないながらもそう考えるしかなかった。

だけど最近見たアニサキスの記事に、アニサキスが胃の中に入らなくても、その死骸、かけら、アニキサスに感染してる魚を食べると

アナフィラキシー(アレルギーショック反応)を起こすことがあると書いてあって、あれがそうだったんじゃないかと思った。

もしそうだとしたら、人によっては呼吸困難に陥り、最悪は手遅れになることもあるらしい。

アニサキス症(アニサキスアナフィラキシー)になると、以後、魚が食べられなくなる。魚だけでなく、かまぼことか練り物、魚を材料とした調味料とか全て、

魚ならまだ見分けはつくけど、調味料は判別つかないよね、出汁とか味噌汁、ラーメン、うどん、そうなると食べる楽しみを奪われてしまったも同然になってしまう。

今までは平気で何でも食べていたのに、ある日突然発症、食べられなくなってしまうかもしれない。

アニサキスならそれを取り除いてしまえば治まるけど、アニサキス症になってしまったら常にその危険があるわけだから、本当に恐ろしい。。。

その体験した方の記事がこちら↓
http://www.satonao.com/archives/2018/05/post_3597.html

私の場合はただの蕁麻疹だったのかもしれない。でも鰺が原因なのは確かで、痒いだけで2時間程度で治まったけど、蕁麻疹が出るってことは多少なりともその気があるってことなんじゃないだろうか。


両親を脅かさないよう話をして、頭の隅に置いてもらうようにしておこう



posted by ふ〜みん at 21:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする