2015年07月22日

淘汰されていく薬局


皮膚科に立ち寄った後、薬をもらいにYWCAに併設の薬局に行ってみた、

店内を覗いた時に誰もいなくて早くもらえそうだったし

一度入ってみたかったし、


薬局内の飲み物の自販機、

38A14F69-EB17-498B-A446-C63BA36BBA19.jpg

あ、私の好きなジャスミン茶がない、、、ま、それはいいんだけど、


その時々の都合であちこち薬局を渡り歩いているふ〜みんは、


登録用紙を書かされる

お薬手帳の有無

シールいるいらない、

のやりとりをこの日も繰り返した、


処方箋の中の一部の薬の在庫がなく、

駅前のチェーン店に取りにいくということで予想外に待たされてしまった、


いつも思う、

どうして病院内なり診療所内で処方してくれないのかな?

昔はそうしてくれていたよね?

薬局はいたれりつくれりのようで、

手帳も薬のカラーコピーもシールも全てにお金がかかってる、

それに、

体調が悪い人にとっては、やっと診察なり治療が終わったのに、

移動してまた待たされるのは大変なことだと思うんだよね。。。





御茶ノ水は薬局と楽器店と病院の街、


大病院がいくつもあり、最近もまた建設中で、

それと並行して薬局が次々と新規オープンする、


この薬局からさかのぼること5、6軒はすべて薬局が続いている、

つい最近までは、この薬局のすぐ隣の角には楽器店があって、

唯一薬局連続の流れをさえぎっていたのに、

ついにそこも薬局になってしまった(すごく珍しいパターン)


御茶ノ水では薬局はこの先もまだ増えていくと思う、


そんな中、たまに閉店になる薬局もある。


病院からの距離、店舗の大小には関係なく、

この5、6軒続く薬局の真ん中の店舗も閉店になった。


全ての店舗に入ったことがないので想像でしか言えないけど、


次も行ってみよう、と思う薬局は、

(対応が親切丁寧なのは当然)

@待たされない

A薬の在庫の欠品がない

B客の要望い沿った対応をしてくれる、だ

Bは登録用紙に記入しているのだから、

 都度確認しなくても、

 お薬手帳の有無やシール不要、

 薬のカラーコピーはいらない、とかね、

 できないのかなぁ。。。

Bはふ〜みんだけかもしれないけど、

@とAは大半の人が思うよね、早くもらって帰りたい。。。。

そうじゃないともう行かないよね?

だって他にこんなにたくさん薬局があるんだもの。





御茶ノ水にはこんなにたくさん薬局があっても、

ほとんどが病院の診療時間に合わせて営業しているから、

私がプールに行く夕方は閉まっていて利用できない。

唯一、駅前にあるこの薬局のチェーン店は午後8時くらいまで営業しているんだけど、

三回行って、二度ほど薬の欠品で受け取れなかった、だからもう行かない。


あたりまえのことだけれど、

利用しにくい薬局は淘汰されていく、それでいいと思う。




タグ:御茶ノ水
posted by ふ〜みん at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック