2018年01月28日

おひとり様の私のこれからの住まいはどっち、賃貸と施設


昨日の朝、もう起きなきゃと寝ぼけ眼でスマホをいじっていたら
偶然に見た斬新な画像に目がパッチリしてしまった。
見た瞬間は何なのかわからず、あ、電車か?でも実在するの?

hiei.png
(引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000051-kyt-bus_all)

読んでいくと、比叡電鉄の「ひえい」という新型車両で3月21日から
運行されるらしい。

正面のこの「0」の装飾が斬新だよね、深みのある金色とグリーンも素敵だ、
かっこいい!
見たことのない新しいデザインだけれど、神秘的ですごくきれいだ。

比叡山には高校の修学旅行で行ったことがある。
広くて薄暗いお堂の中に正座して
説法を聞いた記憶があるけどほとんど覚えていない。

でも、比叡山(延暦寺)の灯りは山形の山寺(立石寺)に分けられたもので、
後に延暦寺が焼き討ちされ再建時に、立石寺の灯りが逆に分けられた話は
遠足に行った時とか小さいころからよく聞かされていて、

延暦寺でその灯りがこれか〜、と見た記憶はある。

* * *

工事中の御茶ノ水駅ホームから眺めることが出来たので写真をとってみた。

あのアパートみたいな建物は何だったのか。

◇年明け初のプールのことを書くつもりが、ナスDに見入ってしまった

E209B98E-B574-4C90-8985-0B3D4E6CE72F.jpg

左端にプレハブ風の2階建てが2棟、右端に行くとまた2棟、

A541687D-949B-4156-87AD-EE31B1DE0D86.jpg

左端のは完全に住居だと思う。休憩所であり、たぶん寝起きしてるんじゃないだろうか?

上着をかけたハンガーが窓のレールにぶらさがっているのもうっすら見えるし、

いちいちこの工事現場から外へ移動するのも面倒だからだろうか?

6畳2間くらいの広さかな、もし私が住むならこういう作りでも十分だな、
雨風はしのげるもん。

同僚の持ちマンションの維持管理が大変そうとは書いたけど、
自分の家だから管理費や修繕費は発生しても住み続けることは出来る、

「住む」場所がなければ生きていけないから、家があるというのはやはり安心だ。

賃貸は住む限りは一生家賃を払っていかなければならない。

65歳以上の単身者で年金暮らしの人の平均家賃は約4万円だそうだ、
これを70歳、80歳、もしくはそれ以上支払っていけるだろうか?と考えると
一気に不安になる。

今後の住まいをどうするのか、

・持家

・実家

・賃貸

・施設

持家の可能性はもうない、
実家はあるけどそこに戻って生活する意思はない(維持するのが大変)

賃貸は高齢でも借りられるか、払え続けるかだし、
早めに「施設」を検討したほうが良いのだろうか?
公的な施設に入るのはかなり難しそうだし、最終的にはやっぱりお金。

だからとりあえず働けるうちは働いて老後資金を先延ばしにして
最終的に施設を考える、かな。

施設とは言っても、何も調べていないけど、家族がいなければ
最終的にはそこかなと







posted by ふ〜みん at 23:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。