2019年01月22日

御徒町のパワースポット、摩利支天でご朱印をいただく

991073F1-AFD8-44A2-A8CB-748CB429AD84.jpeg

おみくじを引いたあの日から2回、また摩利支天へお参りにいった。

去年とまったく同じおみくじを引いた

身近に御朱印を集めてる人がいてその人の影響を受け、私もちょっとやってみようかな、とミーハーな気持ちで。

初日もだったが今年が亥年とあってか参拝客がとにかく多くて、意気込んで行った2回目は特に多く、さほど広くはない本堂の賽銭箱の前が激混みだった。

で、ご朱印をもらう要領もわからず、でもあの窓口だなという見当はついたのでご朱印帳を買ってそこに書いてもらうつもりだったのだが、

いや〜、そのご朱印をもらう人の列がすごくて早々に諦めた。だって人の多さもそうだが、ご朱印帳も売り切れて(補充できなかっただけかもしれないが)どうしようもなかった。

3回目は空いてる時間を狙って行ってきた。ご朱印帳は何種類か出ていて、そのうちの一冊を選び書いてもらった。

さすがにその日はご朱印のもらい方などネットで少々調べてから行ったんだけど、その中に「ご朱印を書いてもらってる間はジロジロ見たりして緊張させてはいけない」とあったので、窓口を離れ、グッズ売り場のおば様とちょっとおしゃべりをしていた。

あれ?ずいぶん時間がかかるな、と思ったらすでにご朱印帳が出来上がっていた。(ご朱印をお願いすると整理番号を渡される)

で、今後のためにお坊さんに「ご朱印は何時頃からもらえますか?」と聞いたら、首をかしげ返答に詰まった様子だったので「9時頃ですか?」と言ったら「そうですね、そのくらいです」と答えた。

うそ〜、千鳥の大吾似のその人の表情から、実はよくわからない、というのが伝わってきたし、ネットでは開門と同時に受け付けてもらえるというのを見ていたから。

でも、それぞれがそれぞれの返答をしているという可能性もあるからどれが本当かわからない。まあ9時過ぎなら大丈夫だろうと私も思う。だからそう答えたのかもしれない。

ご朱印をもらったら初穂料(はつほりょう)を支払う。お寺によってはお気持ち(お布施)で良いというところもあるらしいが、ここはすでに決まっている、五百円!東京都内に限っていて言えば、これが基本みたいだ。

帰宅後、もらったご朱印をしげしてと見てみた。右側に日付が入ってるが、カタカナの「サ」に縦の棒が1本足してあるような字が「三」の意味なのだろうか?、で、平成三一年、一月で終わってる、

私がネットで見た数々のご朱印には必ず〇月〇日と入ってるのに、これでは最初にご朱印をもらった日がわからないではないか!大吾〜

52F694D8-2E0F-4040-B3CC-1BA91F3BCC28.jpeg

摩利支天はJR御徒町駅のすぐそば!駅のホームからも見える




posted by ふ〜みん at 22:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。