2019年05月06日

山形県民だけど、初めてうこぎ飯を食べた


庭に「うこぎ」が植えてあるなんて初耳だった!

母に摘んでもらってうこぎ飯にしてもらった。

山形県民なのに初うこぎ飯!

1B2D827C-857E-4834-BC9F-DD3B608C4E06.jpeg
良く言えばほろ苦い、率直に言えば草の青い味だね、

さっと茹でて細かく刻んで塩をちょっと振って

炊いたご飯と混ぜるだけなので簡単、

うこぎ飯がなぜ質素倹約になるのか?

母曰く、

ご飯に塩味のついたうこぎを混ぜることで

おかずがいらなくなるからじゃないかと、

なるほどね。

うこぎの繊細な味わいを台無しにする

前夜の残りの鍋についたカレーの味噌汁(笑)

たらこは冷凍物だが、その右にある茎たちも凍ってる。

私のために帰省する前から、貰った茎たちを茹で、

冷凍してストックしておいてくれたのだ。

半解凍しながら食べるのが美味しい。

食後、うこぎの木がどこに植えてあるのか見に行った。

これだって↓
5E407B3E-E590-4489-A42A-61E17D5BAB07.jpeg

直径4センチくらいのギザギザしたもみじの葉のような形

ここまで開かない芽が柔らかくて美味しいらしい。

C7832B6A-5D0F-47DB-906E-9FBA7E83A48B.jpeg
でも薔薇みたいに枝にはトゲがあって採りにくい。

だから、うこぎは生垣としても使われるんだろうね。










posted by ふ〜みん at 17:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。